ゴルフな気分-ゴルフクラブの選び方/売れ筋ギア

細めのソールで抜けが良い
■地面との抵抗を最小限に抑え、素早く振りぬける。
■インパクト時のヘッドがぶれない。
■抵抗が少ないので、一定のスピンが得られる。

トゥヒールを削り落とすことで操作しやすい
■オープン/クローズ等、多彩なショットを可能にする。
■ソール幅を狭くする。

ヘッド形状は伝統的なティアドロップ形状
■スクエアでもオープンでも違和感のない方向性の出しやすい形状。
■基本は200シリーズの形状。

タイトリスト ボーケイ TVD ウェッジ C-C ダイナミックゴールド 新溝規制適合詳細

グリップ: タイトリストロゴ入り60形コードなし
番手: 52°-8°、54°-10°、56°-12°、58°-8°、60°-8°
フレックス: S200(特注)
ロフト(°): 52、54、56、58、60
長さ(インチ): 35.5(52°)、35.25(54°56°)、35(58°60°)
バウンス角(°): 番手参考
バランス: D3、D5

アイアンの新溝規制について

ラフからでもスピンがかかるクラブを制限するための新溝規制は、プロツアー(トッププロフェッショナルレベル)では2010年1月1日から、全米アマなどの競技(トップアマチュアレベルとその他のプロフェッショナルイベント)では2014年1月1日から競技条件として導入される予定です。これ以外の新溝規制を競技条件としない競技においては、2010年以前に製造された旧ルール適合のクラブを2024年まで使用することができます。

タイトリスト・ボーケイおすすめウェッジ

タイトリスト・ボーケイウェッジの売れ筋・ランキングをもとにおすすめのモデルを掲載しています。

タイトリストボーケイウェッジ取扱ショップ

商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)タイトリストボーケイウェッジ

掲載企業への直接のお問い合わせはご遠慮ください。


タイトリストボーケイウェッジをゴルフダイジェストオンラインで調べる

最大の品揃え

人気ウェッジメーカー