ゴルフな気分-ゴルフクラブの選び方/売れ筋ギア

ボーケイデザイン・ウェッジ史上初の軟鉄鍛造ボディを採用した日本モデル。
軟鉄鍛造ならではのソフトフィーリング。
すべてのロフトに抜けの良さを発揮するプレウォーンソールを採用。
54度から62度にはコントロールショットに最適なRソールを採用。

タイトリスト ボーケイデザイン フォージド・ウェッジ ダイナミックゴールド 新溝ルール適合詳細

ヘッド素材: 軟鉄 ヘッド製法: 鍛造 仕上げ・メッキ: サテン仕上げ 左右: 右用 グリップ: ツアーベルベット・ラバー(ロゴ入り)M60・バックラインなし・コードなし メンズ/レディス/ジュニア: メンズ 製造国: 日本 番手: 46°-8°、48°-8°、50°-8°、52°-8°、54°-10°、56°-10°、58°-10°、60°-8°、62°-8° ロフト(°): 46、48、50、52、54、56、58、60、62 バウンス角(°): 8、10 フレックス: S200 長さ(インチ): 34.75~35.75 ライ角(°): 64 グリップ: ツアーベルベット・ラバー(ロゴ入り)M60・バックラインなし・コードなし クラブ重量(g): 460~473 バランス: D2、D3 シャフトトルク: 1.4~1.8 キックポイント: 手元調子

ボーケイデザイン・ウェッジ史上初の軟鉄鍛造モデル

マスタークラフトマン、ボブ・ボーケイ氏が日本ツアーの現場や日本のツアー・プロの意見を取り入れて製作した、ボーケイ氏から日本のゴルファーへの贈り物とも言えるボーケイデザイン・ウェッジ史上初の軟鉄鍛造モデルです。
軟鉄鍛造の心地よい打感、日本のゴルファーが好むヘッド形状を追求。さらに54度から62度には抜けの良さを発揮するRソールを採用するなど、日本のゴルファーのニーズを満たしたウェッジとなっています。ロフトバリエーションは、46から62度まで、2度刻みで全9ロフトよりお選びいただけます。

日本のゴルファーが好む形状を追求

ボーケイ氏の来日時における日本ツアーの現場でのコミュニケーション、アメリカツアーに参戦する日本人選手とのコミュニケーション、日本ツアーでの実態調査結果などを元に、日本人選手好みの形状やスイングウエイトをボーケイ氏が追求しました。

ボーケイ史上初の軟鉄鍛造ヘッド

ボーケイデザイン・ウェッジ史上初の軟鉄鍛造ヘッドを採用。軟鉄鍛造ならではの精密な形状と、ソフトフィーリングを日本のゴルファーに提供します。

ソールデザイン

すべてのロフトに抜けの良さを発揮するプレウォーンソールを採用し、46度から52度まではフルショットメインのフラットフルソールを、54度から62度はコントロールショットに最適なRソールを採用。

ダブルプレス・スコアライン

テストと研究を重ねた結果、R&AとUSGAのルール規定適合の範囲内で最も高いスピン性能を発揮するスコアラインが17本であるとの結論に達しました。ダブルプレス・スコアラインにより17本刻まれた精度の高いグルーブ(溝)が、優れたスピンコントロール性能を発揮します。

タイトリスト・ボーケイおすすめウェッジ

タイトリスト・ボーケイウェッジの売れ筋・ランキングをもとにおすすめのモデルを掲載しています。

タイトリストボーケイウェッジ取扱ショップ

商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)タイトリストボーケイウェッジ

掲載企業への直接のお問い合わせはご遠慮ください。


タイトリストボーケイウェッジをゴルフダイジェストオンラインで調べる

最大の品揃え

人気ウェッジメーカー