90の壁

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「90の壁!ゴルフ90を切る方法」です。

ベストが80台になると、上級者とラウンドしても迷惑をかけないレベルになってきますし、仲間にゴルフを教えてもいいころだとおもいます。

さぁ、これを読んで80台を出してもらいます

90の壁!ゴルフ90を切る方法

90を切ることを考えているなら、ある程度ゴルフにも行けて、ゴルフがとても面白い時期ですね!練習もしているはずですし、自分の開眼もいくつか持っているはずです。

スコア90を考えた場合18ホールのすべてをボギーでラウンドすると「パー72+18」で90打となります。ボギーペースが1つの基準になると思っていいでしょう。とても分かりやすいです。

このレベルになると普通に1ラウンドでパーを3~4個取れる実力があると思います。

90を切るための基本的な考え方

90を切るためには守るべきことがいくつかあります。

90を切るにはドライバーのマン振りはしない

『100の壁』で言ったようにドライバーのマン振りはやめましょう。

ラウンド終盤、90を切るためにギリギリのラウンドをしているときに大きなトラブルは嫌ですよね。挽回の機会も少なくなります。

またラウンド中のOBが積み上がり最終的にその分80台に届かなかったということは何度も経験していると思います。OBは致命傷なのです。

ただ、80台がコンスタントに出せるようになると序盤のOBは、割り切ることができミスを相殺できるホールに割り当てることができるようになるでしょう。

そのため、どうしてもパーを取りに行ったりすることになると思います。例えば3つのパー4で確実に1つだけはパーを取るなどと切り替えることができるようになります。

OBしないドライバーを探す

90を切るには無理にピンを狙わない

ピンを狙っていませんか?ピンは狙ってはいけません!?

狙うのはピンとグリーン中央の間です。これも以前解説しました。曲がってもグリーンオンする方法を選択してください。

グリーンを外した場合でも100を切れる技術があるのですから、オンしなくても2パットでいける距離にはアプローチできるはずです。

ココで大切なことはアプローチで寄せてやろうと思わない事です。

3パットを軽く考えない

ゴルフにおいて3パットはパットの基準を超えた打数になります。

3パットをするということは、90を切ることを考えるゴルファーにとって致命的です。

セカンドショットで木がスタイミーで出すだけになることがありますよね。グリーンを狙えずがっかりします。3パットはスコア的にこれと何ら変わらないということを自覚しなければなりません。

アプローチは2パットで行けるところでOK

2パットでいける距離を考えてください。

5メートルですか?4メートルですか?

これは極端な例ですが、2パットでいける距離を3メートルとしましょう。3メートルという事は直径6メートルの枠に入れると良いのです。

ピンを狙わず、上りのラインが得意。スライスラインが得意と考えてアプローチの方向を考えましょう。

ある意味直径6メートルの枠に入れるのならSWのアプローチより少々ラフにつかまっていてもパターで行ってもいいですよ。

90を切ることに集中しましょう。

アプローチに使えるウェッジを探す

90を切るためのスコアの考え方

ラウンドする前から頭に入れて、18ホールトータルでスコアを考えておきましょう。大抵のゴルフ場は以下のように設定されています。

  • パー4が10ホール
  • パー5が4ホール
  • パー3が4ホール

パー4では3オン狙い、パー5では4オン狙い、パー3では2オン狙いです。

えぇぇぇ!パー3で乗せちゃいけないのォ!』と聞こえてきそうです。

あなたはそこで90を切りました。簡単でしょ!

90を切るには「ボギー」が基準

といっても初めて90を切ることは簡単な道のりではないと思います。どんなことでも「初めて」はむずかしいのです。

ただ、1度やってのけると次は比較的近いうちに同じことができるようになったりします。

なので最初は簡単なことではありません。ラウンドの中にはパー4であっぷあっぷの3オン、パー3でバンカーからの2オンなどもあります。

グリーンを狙うときに2パットで行ける距離を意識してアプローチをすることを忘れていませんか?

予期せぬ!?OBもあるはずです。OBのミスを取り戻すにはどこかでパーが必要になります。

このようなことを乗り越え、繰り返しているうちに・・・

意外にもパーやバーディが来ます。悪いことばかりではないのです。

ただ、90を切るためにはラッキーのパーやバーディは省いて考えておかないといけません。実はこの考えで80台前半出たりします。

まずは「ボギー」これが基本です。

ではまた