ゴルフな気分-ゴルフクラブの選び方/売れ筋ギア

2020年、ボーケイデザインの新作SM8が発売されました。

これまでのSM6・SM7と続いているボーケイウェッジですが、その流れをくむSM8です。

ショートゲームはフィーリングも大切です。個人的にはSM8ウェッジがボーケイウェッジの懐かしさを感じるウェッジにも見えます。

ボーケイデザイン SM8 ツアークローム ウェッジ N.S.PRO MODUS3 TOUR 105詳細

ヘッド素材:軟鉄
ヘッド製法:鋳造
仕上げ・メッキ:ツアークローム
左右:右用
対象:メンズ
製造国:日本

SM8はフェースの戻りにくさを改善

ロフト毎によって重心の高さに変化を加えることで、インパクトが安定します。

ロフト角度が大きくなるとフェース面の高い部分に重心がないと、インパクトでボールにフェースが押されてしまいます。

結果的に開いた形でインパクトを迎えてしまいます。

ボールに対する重心の高さによってフェースが被ったりすることもあるわけです。SM6から培われた技術が進化した形がSM8です。

しかし、重心の位置を変えることで重心距離が長くなってしまい、フェースが戻りにくくなります。

SM8ではトゥとホーゼル側に重量を配分することでフェースの戻りにくさを改善しています。

SM8はボーケイデザインがいまできる完成形のウェッジと言えるでしょう。

ボーケイSM8ウェッジ スペックの見方

ボーケイSM8ウェッジは、番手名からスペックが分かるようになっています。

スペックの見方の例

「4610F」であれば、最初の最初の2文字がロフト角度、次の2文字がバウンス角度、最後のアルファベットがソール形状となっています。

(例)「4610F」の場合

ロフト角度:46°

バウンス角度:10°

ソール形状:Fグラインド

(例)「6208M」の場合

ロフト角度:62°

バウンス角度:8°

ソール形状:Mグラインド

分かりやすいと思います。

ボーケイSM8ウェッジのソール形状

ボーケイSM8ウェッジに限らず、ボーケイウェッジのソール形状はアルファベットで表されていて、その形は様々です。以下がSM8ウェッジのソール形状詳細です。

ソール形状
種類 解説
Fグラインド

バウンス効果を最大限に発揮

ソール全面でバウンス効果を発揮。あらゆるスイングタイプ、ライコンディションに対応する、基本グラインド。

Sグラインド

フェースを開ける万能タイプ

ソールのトレーリングエッジからヒールを小さく削った、高いバウンス効果と操作性を両立したバランスタイプ。

Lグラインド

思い切り開ける安心感

トゥからヒールを大きく削り、ソール幅は狭め。バウンス効果が最も少ない技巧派向けグラインド。

Mグラインド

バウンスを操り多彩なショット

トゥからヒールを大きく削り、バウンス効果を小さめに設定。フェースを開いて、球筋を操りたいゴルファー向け。

Dグラインド

高いバウンス効果と操作性を両立

トゥからヒールを大きく削り、フェースを開きやすく。大きめのセンターバウンスでフルショットにも対応したグラインド。

Kグラインド

バンカー、厳しいライで性能を実感

フェースを開かなくても高いバウンス効果を発揮する、ワイドソール。バンカーや深いラフからの脱出を容易に。

類似品にご注意ください。詳しいことはゴルフダイジェストより調べてください。(スペック:ロフト角、シャフト、長さ、バランス、キックポイント、価格など)

タイトリスト・ボーケイおすすめウェッジ

タイトリスト・ボーケイウェッジの売れ筋・ランキングをもとにおすすめのモデルを掲載しています。

タイトリストボーケイウェッジ取扱ショップ

商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)タイトリストボーケイウェッジ

掲載企業への直接のお問い合わせはご遠慮ください。


タイトリストボーケイウェッジをゴルフダイジェストオンラインで調べる

最大の品揃え

人気ウェッジメーカー