ゴルフな気分-ゴルフクラブの選び方/売れ筋ギア

2010年待望のタイトリストドライバー。NEW VG3ドライバーのコンセプトは「つかまり」。つかまりのよさにこだわったドライバーになりました。アマチュアゴルファーの悩みであるつかまりですが、このドライバーに活路を見出したいものです。

タイトリスト VG3 ドライバー タイトリストMotore5.0詳細

ヘッド体積: 460cc 備考: ヘッドカバー付き フレックス: S、R、SR(それぞれ特注あり) ロフト(°): 9、10、11 ライ角(°): 61 長さ(インチ): 46 クラブ重量(g): 303(S)、300(R)、301(SR) シャフト重量(g): 55(S)、51(R)、53(SR) バランス: D1 シャフトトルク: 3.9(S)、4.3(R)、4.1(SR) キックポイント: 中調子

ロフト別重心設計

「タイトリスト VG3 ドライバー」は、9度、10度、11度の3ロフト。ソールに2枚のウエイトプレートが採用されています。このウエイトプレートをロフトごとに変えることでインパクトでつかまりのよさを発揮できるようになっています。

スイートエリア

VG3ドライバーのスイートエリアがよく考えられています。平均的なヘッドスピードの日本人ゴルファーの打点分析を実施したところ、特に打点が集まった部分というのが、「ヒール側下部」。

ヒール側下部というのはうなずけます。個人的にも中心よりもヒール寄りに打点の跡があります。そこまでスイートエリアを拡大したということで、私たちにとってはヒール寄りで普段どおり打ったとしてもスイートスポットに当たることになるんです。

VG3ドライバーのシャフト

シャフトは、3種類のオリジナルシャフトと、新たに採用したツアーAD DI6、ディアマナイリマ60、モトーレスピーダーVC6.1など、タイトリスト・カスタムシャフトとして多彩なシャフトを揃えています。

オリジナルシャフトについて

タイトリストVG60(三菱レイヨン社製)

シンプルでクセの少ない動きで、ストレート系の弾道へ。操作性に優れ、ショットコントロールをサポートします。ストレート系・コントロールを重視したシャフトです。

タイトリストVG50 (三菱レイヨン社製)

車夫と先端がインパクト直前にしなって、加速。高弾道で、さらなる飛びを求めるゴルファーに。飛距離重視・高弾道が特徴です。

タイトリスト・モトーレ5.0(フジクラ社製)

シャフト全体が大きなしなり、ヘッドを加速させるせる設計。ドロー系の強弾道へ導く高性能シャフト。ドロー系・強弾道が特徴です。

タイトリストおすすめドライバー

タイトリストドライバーの売れ筋・ランキングをもとにおすすめのモデルを掲載しています。

タイトリストドライバー取扱ショップ

商品がなかったらこちらのサイトを覗いてみてください!(ほかのスペックなど)タイトリストドライバー

掲載企業への直接のお問い合わせはご遠慮ください。


タイトリストドライバーをゴルフダイジェストオンラインで調べる

最大の品揃え

人気ドライバーメーカー